【コロナ時代のグローバリゼーション特集】始まります!

世界的な新型コロナウイルスの流行により、これまで急速に進んでいたグローバル化は突如、勢いを失いました。

国境が閉ざされ、旅行はもちろん、夢や目標を胸に留学や仕事へ向かっていた人々も、中断を余儀なくされました。
国内の経済活動も自粛が続き、さまざまな業界が大きな影響を受けています。

世界全体が先の見えない不安に包まれ、自分の国・自分のことで精一杯になっているのではないでしょうか。


しかしそんな中でも、国を超えた人や社会の交流を繋ぎ止めようとしている人がいます。

異国で苦しむ人々へ手を差しのべる人。
日本で行き場を失くした外国人に寄り添う人。
会えなくても、心と心を繋ごうと呼びかける人。
必要な支援が途絶えないよう、動き続ける人。
国と国との架け橋となり、新たな繋がりを生み出す人。

混乱の中でも、前を向き、未来のために動いている人が沢山いました。


彼らの姿は、きっと私たちに勇気と希望を与えてくれる。

そして、私たちも周りに目を向け、いま、出来ることをやっていきたい。
私たちが想い合い、助け合えば、この困難な日々も乗り越えられる!

そんな想いから、『コロナ時代のグローバリゼーション特集』と題し、日本と東南アジアを繋ごうと今まさに活動されている方々に、お話を伺いました。


世界中で共に手を取り、笑い合える日が必ずまた来る。
この世界の一員として、私たちの手でそんな日常を取り戻そう。

『コロナ時代のグローバリゼーション特集』始まります!

特集記事一覧(随時公開中)


#1 ASEAN HOUSE 佐々翔太郎氏
一人ひとりがその国の代表。世界の未来を背負い、共に暮らす日本と東南アジアの若者たち

 

#2 COVID-19 多言語支援プロジェクト 石井暢氏
災害の多い日本で "隣人" の外国人のために。多言語での情報サイト立ち上げ【COVID-19 多言語支援プロジェクト 石井暢氏】

 

#3 ゴーウェル株式会社 松田 秀和氏
『銀座のアジア』からフラットな国際関係を作る

#4 アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)  森木景子氏、桑原佑輔氏
少数民族の布を活かした手作りマスクで障がい者支援 ~「ラオスが好き」を広め、「ラオスを知る」に繋げる~

#5 フィリピン 人助け英会話 米重有紗氏

[Coming soon...]