ニュース

コロナ禍のSOS、ベトナム人救済に奮闘するお寺に迫る【NPO法人日越ともいき支援会代表理事 吉水慈豊氏】

『コロナ時代のグローバリゼーション特集』第6弾は、”NPO法人日越ともいき支援会”。コロナ禍で窮地に立つ在日ベトナム人の支援に奮闘する同団体の代表理事の吉水慈豊さん、さらに当団体の活動拠点である日新窟に滞在する留学生と技...

カルチャー

"密" でなけりゃ祭でない!〜 バリ舞踊祭中止の決断でも、つねに未来志向の原動力とは?【阿佐ヶ谷バリ舞踊祭 松重貢一郎氏】

毎年8月に阿佐ヶ谷神明宮で開かれる阿佐ヶ谷バリ舞踊祭。 しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止に。 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭が体現してきた、"密" になることで生まれるエネルギーとは? 日本とバリの融合する場の実...

起業・経営者

「ワクワクすることやりたいじゃん」ー 体操選手から一転、東南アジアで日本食を広めるモバイルサイトを運営!

シンガポールやバンコクで日本食を広めるモバイルサービスを展開する大畠佑紀氏。高校時代は日本で指折りの実力を持った器械体操の選手だった彼女が、起業家になり目指すものとは? 《プロフィール|大畠佑紀氏》 1982年生まれ。埼...

ASEANを知る

少数民族の布を活かした手作りマスクで障がい者支援 ~「ラオスが好き」を広め、「ラオスを知る」に繋げる~ 【アジアの障害者活動を支援する会(ADDP):森木景子氏、桑原佑輔氏】

『コロナ時代のグローバリゼーション特集』第3弾は、マスク作りを通じた障がい者の就労支援を行うADDP(特定非営利法人アジアの障害者活動を支援する会)。職員の森木さん、桑原さんのお二方にお話を伺いました。 【ADDP(特定...

暮らし

一人ひとりがその国の代表。世界の未来を背負い、共に暮らす日本と東南アジアの若者たち【ASEAN HOUSE 佐々翔太郎氏】

『コロナ時代のグローバリゼーション特集』第1弾は、日本人と東南アジア人が一緒に暮らすシェアハウス・ASEAN HOUSE。 生活の基盤である“家”を通じて、訪日した東南アジア人の暮らしをサポートしながら、国を超えて若者た...

起業・経営者

和僑財閥を作り目指す”平等な社会”とは? ミャンマーで挑戦する若きCEO 【株式会社Htun Khaing International Co.,Ltd. 高田健太氏】

近年経済成長がめざましく”ASEAN最後のフロンティア”とも呼ばれるミャンマー。 日本人としてミャンマーに財閥を作るという壮大なミッションを掲げ、現地の若者と二人三脚で事業を進めてきた高田さん。数多の失敗をバネに、サービ...

起業・経営者

26歳でフィリピン子会社立ち上げ、今や3社のCEO。夢を諦めながらもこだわり続けた成長への想い【ENVIZION PHILIPPINES, INC.(株式会社レアジョブ)水島俊介氏】

英語学習の重要性が叫ばれる今日。 時代の追い風と独自のオンライン英会話サービスを武器に業界を牽引する株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)。教育機関向けのレッスン提供を担うフィリピン子会社 ENVIZION PHILIP...

フリーランス

人を動かす”場”を作る。インドネシアで環境教育を行うNPO【ゆいツール開発ラボ・山本かおり氏】

今、インドネシアで大きな社会問題となっているのが、ごみ問題。 街を歩けばたくさんのごみが目に付きます。道だけでなく、川や海にも多くのごみが捨てられており、ビーチは綺麗なのにごみがたくさん落ちてた…ということもよくあります...

起業・経営者

『まずは死なないこと』 東南アジアでカカオ開発フードベンチャー【フーズカカオ株式会社 福村瑛氏】

IT技術の普及により日々変革が起きているビジネス界。 その中でも、近年次なる革命が起きると注目を集めている農業&フード分野。 今回は、東南アジアと日本の間で食品ビジネスを手掛けている、フーズカカオ株式会社の代表取締役・福...

ASEANで学ぶ

ここに来れて本当に良かった!インドネシアでの活動を通して訪れた変化【日本語パートナーズのリアル②】

「日本語パートナーズ」をご存知でしょうか。日本語教師のアシスタントとして、アジアの色々な国で活動する人材を派遣する事業です。 "日本語パートナーズ" は、アジアの中学・高校などの日本語教師や生徒のパートナーとして、授業の...