KAMARQがインドネシアとジョホールバルから起こす家具のIoT革命!Airbnbでその実力を体験してみよう!

2016.12.30

テクノロジーの発展が著しい今日ですが、インドネシアの工場から「家具」に革命を起こそうとしている、KAMARQ(カマルク)という企業をご存知でしょうか?

KAMARQ(カマルク)は、家具とITを融合させた新しいプロダクトを生み出していくIoT家具ベンチャーです。

今回はそのKAMARQ(カマルク)が誇る次世代家具をマレーシアのジョホールバルで体験できるAirbnbをご紹介したいと思います。

ハイセンスな家具にIoTの力を!

今回ご紹介するAirbnbでは、そのKAMARQ(カマルク)社が誇る次世代家具の魅力を部屋中で体感できるのです!

ちなみに、こちらのAirbnbとなっているペントハウスは、シンガポールとジョホールバルを中心にエンジェル事業家として活躍中の加藤順彦氏が、ジョホールバルにはまだ8人前後でゆっくり宿泊できる施設がないことに着目し、約1年前からプロデュースしてきたものです。そのペントハウスオープンに先立って、お披露目会にご招待していただきました!

参照|「アジアで大成功した日本人起業家のロールモデルを生み出す」シンガポールのハンズオン投資家、加藤順彦氏

一番の目玉は、下の写真の奥にある2台の”SOUND TABLE”です!

(1階リビングでの談笑の様子)

「SOUND TABLE?」

「音が鳴るテーブル?」

「写真だとただの机にしか見えないぞ?」

「音が鳴るからどうした?」

という声が聞こえてきそうですが、ちょっと待ってください。

ただ音が鳴るだけではないのです。

まず、このテーブルにスピーカーの開口部は無く、振動で音を出しています。次に、外の天気に応じて音を鳴らすように設定したり、会議やパーティーでのBGM、朝の目覚ましとしても機能してくれます。

そして、KAMARQの家具には、以下のような想いが込められているのです。

人々の暮らしに余白をつくり出し、一人ひとりの「世界」を広くする。KAMARQは、暮らしにモノを詰め込む窮屈な暮らしではなく、必要なモノを知り、部屋にも心にも余白が生まれる暮らし方を、家具を通じて提案していきます。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください!

ポイントは、インドネシアの工場で生産してその美しいデザインを実現しているという点と、既存の家具の概念にIoTで革命を起こしている点!

他にも、ただのコンドミニアムというイメージを超越し、随所にこだわり抜かれた家具が配置されていました。

(この椅子の曲線美と肌触りに感動です!)

(左:それぞれの家具の特徴について説明するKAMARQ代表の和田氏)

(2階の寝室)

(2階のリビング)

(開放感がありすぎる2階のバスルーム・・・)

(窓からはジョホールバルの広大な景色が広がります。)

(軽食にはジョホールバルの王様もよく訪れるという日本食レストラン赤富士(AKAFUJI)の料理が振舞われました!)

赤富士Facebookページ:https://www.facebook.com/Entertainment-Japanese-Restaurant-AKAFUJI-1070541349673768/

赤富士店長の北爪氏からのメッセージ

日本食レストラン赤富士はジョホールバルの中心部に2016年6月オープンしたばかりです。日本の築地市場より週2便美味しくて新鮮な魚や和牛を取り寄せています。今では王室御用達店となり、毎週の様に王族の方達に御利用頂いております。また日本のお弁当や出張ケータリングサービスも得意としており様々なシーンで日本食を楽しんで頂く事が可能ですので、ジョホールバルに御用の際はぜひ起こしくださいませ。

(ジョホールバルやシンガポールの教育や不動産事情についても情報交換が行われました。)

(最後には加藤氏と和田氏からこのペントハウスに込める想いをお聞きしました。)

加藤氏からのメッセージ

イスカンダル計画の中心部ヌサジャヤ地区イーストレダンにて、準備を進めてきたKAMARQペントハウス。

ジョホールバルには近年建てられた素晴らしいマンション、ホテルが数多くありますが、東南アジアのプライベート旅行に多い二世帯・三世帯、或いは6-8人の団体にゆとりをもってご利用頂けるサービスアパートメント型のお部屋はまだまだ足りないことに着眼したことから、このプロジェクトは始まりました。

ホームIoTに特化した家具建具メーカーであるKAMARQが全てのインテリア、内装をプロデュースし、ジョホールバルにて豊富な(Airbnb含む)マンション管理受託実績を誇るIKI LINKSが、今後のゲストへのトータルサービスを担います。

日本人に限らず、ジョホールバルにお越しになる全てのハイクラスの皆様にご満足頂けるハードとソフトにてお迎えいたします。

参照|イスカンダル計画とは? ジョホールバルで日中投資合戦勃発!?

KAMARQの次世代家具を体験したい方はAirbnbを!

いかがでしたか?ジョホールバルのコンドミニアムは供給過剰と言われていますが、ここには次世代IotT家具が盛りだくさんで、明らかに他とは一線を画していました。Airbnbであれば8人まで宿泊可能ですので、ジョホールバルへお越しの際はぜひご利用ください!

AirbnbのURL:https://www.airbnb.jp/rooms/16421165

ABOUTこの記事をかいた人

長田壮哉 / Masaya Osada

関西学院大学商学部ファイナンスコース5年目。ASEANデビューは高校1年の時に修学旅行で訪れたシンガポールとジョホールバル。大学1年の時に参加したインドネシアでのインターン中に「熱気」と「可能性」を感じ、その後はタイでのボランティアや、ASEANを周遊しながら現地でのインタビューを経験。さらには、ASEAN発足日である8月8日に生まれたということに運命を感じ、ASEANと日本を繋ぐ"Mr. ASEAN"になるべく、ASEAN10カ国を完全制覇。2016年7月~2017年5月にかけて、トビタテ!留学JAPAN4期生新興国コースとしてシンガポール国立大学での修行を終えたものの、2018年4月から再びシンガポールへ渡り外資系投資銀行に就職予定。将来の夢はアジア最強の名門大学を設立すること。一番好きな国は日本。