星付きミシュランがホーカーで誕生! 東南アジア初の『ミシュランガイド シンガポール』で大人気店に並んでみたら驚きの結果に!!

2016.11.14

ネットを頼りにレストラン選びする人多いですよね。「食べログ」や「トリップアドバイザー」など、ランキングを目安にお店へ行ったり、行列ができていると聞けば、好奇心でついつい並んだり、という人もいるのでは?

特に東京は名店も多く、行列好きが多いといわれていますが、最近は東南アジアの人たちもグルメなアンテナを張りまくっている人が多く、行列も苦にならないという意見もあるほどです。

美食の都であるシンガポールも例外ではありません。特に行列グルメとして話題となっているのが、7月に東南アジア版として初めて発売となった『ミシュランガイド シンガポールMichelin Guide Singapore』。東南アジアで初の快挙に驚きの連続!何がすごかったって、ま~実際にミシュラングルメを体験してみたので、ゆっくりご覧ください。

そもそも『ミシュランガイド』ってなに?

フランスのタイヤメーカーであるミシュラン社が出版したガイドブックの総称です。旅行ガイドブックや道路地図などがありますが、一番メジャーなのがレストラン・ホテル版でしょう。1990年にフランスから始まったガイドブックは、今や世界25カ国(2016年7月現在)から出版されています。

%ef%bc%92%e6%9d%b1%e4%ba%ac

東京版は、2007年11月にアジアで初めて発売が開始されました。

ミシュランガイドといえば、“格付けレストラン本”の代表格。覆面調査員によって星の数で評価されます。その定義というのが。

三つ星★★★ そのために旅行する価値のある卓越した料理。

二つ星★★  遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理。

一つ星★   そのカテゴリーで特に美味しい料理。

とされます。

ここで、よく定義を見直してみると、どのランクも“料理”とあります。実は、ミシュランガイド本の評価はレストランではなく、料理のみの評価なのです。

実際にミシュランガイドホームページをみても、≪料理のカテゴリーやお店の雰囲気ではなく、あくまで皿の上に盛られたもの、つまり料理そのもののみの評価≫とあります。もちろん、高級レストランには、最高の空間、最高の食材、最高のおもてなし、があり評価も上位になりやすいことは確かですが、判断する調査員は、どんな状況でも価値のある料理を求めているのです。

そんな世界共通の定義がある中で、今年の7月に世界初の快挙ともいえる評価が、シンガポールで発表されたのです。

【驚き!その1】国民の台所といえるホーカーから星付きグルメ選出!!


%ef%bc%93%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%ab

ミシュラン三つ星1店、二つ星6店、一つ星22店が選出。リーズナブルで質の良い料理“ビブグルマン”34店にはホーカーからも多く選ばれた。

東南アジア初となる『ミシュランガイド シンガポール』が発売されたのは、今年の7月21日。この以前からネットでは、東南アジア初のミシュラン星はどの店になるのかが話題になっていました。当初の注目は、“三つ星獲得はどの店なのか”ということでしたが、ふたを開けてみればシンガポール国民がビックリする驚愕の結果となったのです。

ホーカーから一つ星獲得が2店舗も誕生!!!

これって、本当にすっごいことなんですよ。正直、日本でも一つ星にラーメンが選出された例もあり、何が定義で評価なのか疑問の声が一部であることは確かです。しかし、ラーメンが選ばれるなんて日本らしいなぁと思うのです。それと同じように、シンガポール国民の台所といえる飲食店の集合施設ホーカーから星付きグルメが誕生するなんて、シンガポールらしいじゃないですか。

ということで、さっそくそのうちの1軒である星付きグルメを食べに行ってみました!

【驚き!その2】列の最後尾はどこですか~~~?

訪れたのは、チャイナタウンの中心にある「チャイナタウンコンプレックス」。生鮮食品、衣料・雑貨店、飲食店の複合施設です。時刻は平日の午前10時。早朝から営業している店舗もあり、すでに活気に満ち溢れています。

%ef%bc%94%e9%a6%99%e6%b8%af%e6%b2%b9%e9%b6%8f%e9%a3%af%e9%ba%ba

館内での移転はあったが、チャイナタウンコンプレックスで35年以上もの歴史ある名店。シンガポールのグルメ本でも常連です。

お目当ての一つ星店「Hong Kong Soya Sauce Chicken Rice and Noodle」は、香港式チキンライスと麺の名店です。ミシュラン取得以前から人気店でありましたが、今回の星獲得によって、世界中から注目されています。その証拠に・・・・・

ひえ~~っ、すでに、めちゃくちゃ行列してる!!

この店の営業時間は11時。すでに出遅れ感たっぷりの私は、列の最後尾を探してまっしぐらです。この段階で、すでに20人もの人が並んでいました。筆者が並んだ後も列は伸び、1時間後には、60人以上の列になっていました(後方まで人数把握できず)。

店が始まっても、列は動く気配がありませんでしたが、訪れる人は途絶えません。並んでいたのは通路の境目だったため、何人もの人に「列の最後はここ?」と聞かれ、その度に後ろを指さすと、誰もがその驚異的な列を見て「O.M.G.~~!!」と驚くのです。

%ef%bc%95%e5%90%8a%e3%82%8a%e4%b8%8b%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%9f%e8%82%89

 

一日で約200羽もの鶏肉が客の胃袋へ。最初は鶏肉で見えなかった店主チャンさんの顔があっという間に見え、厨房全体まで見渡せるほどになる。

あまりにも列が動かないので隣の人に聞いてみると、皆さんテイクアウトをして、オフィスや自宅で食べるそうです。なのでオーダーも「チキン1羽にライス4つ、あとチャーシューヌードルも4つね」なんてことは日常茶飯事。これでは列も動きませんよね。

2時間10分後、無事!?に料理をゲットできました(笑)

【驚き!その3】 星付き料理がS$2~食べられる!

長々と実況が続きましたが、やっとランチタイムにありつけました。店には、艶やかに輝く鶏肉と豚肉が吊るされていて、その美しさに思わずうっとり。この姿をみたらお腹すき過ぎ、我慢の限界です。

%ef%bc%96%e6%96%99%e7%90%86

名物の香港式チキンライス(奥)とチャーシューヌードル(手前)。どちらもライスかヌードルかは自由に選べます。“チキンライスにチャーシュー乗せ”なんてオーダーもOK。

オーダーしたのは、評判になっているチキンライス。こちらの店は香港式を銘打っているので、これは豚肉もいっとかなければと、チャーシューヌードルもオーダーしました。物価の高いシンガポールで、ホーカーは庶民に味方だけあり、S$5(約380円)もあれば料理にありつけますが、この店はさらにお手軽価格が魅力的。チキンライスがS$2(約150円)~食べることができます。

%ef%bc%97%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9

チキンライス。大きくぶつ切りされた鶏肉は骨付き。添えてあるピーナッツをライスに混ぜて食べても美味。

漢方スープで炊き込まれたチキンは、八角などの香りが強烈に漂います。きゅっと引き締まった肉質は食べ応えがあり、今まで食べたチキンライスのジューシー感とはまったく違う、香港式のチキンらしさがありました。この店の場合、チキンライス(またはヌードル)がフューチャーされることが多く、S$2でミシュラングルメが食べられるなんて、他の国では体験できませんよ。

%ef%bc%98%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ab

チャーシューヌードル。厚く切られたチャーシューは、麺やご飯に合わせるだけではなく、おつまみとしてビールに合わせてもぴったり。

さらに私が【驚き!その4】としたいのが、チャーシューのおいしさ。実はチキンの数倍おいしい(個人的感想ですが)!オーダーしたチャーシューヌードルは、こちらもお得感満載のS$2.50(約190円)~です。

甘しょっぱいチャーシューを食べると、甘い脂身がジュワ~ッと口の中に広がり、さらに炙ってあることで、食欲をそそる香ばしさが後からたたみかけてくるのです。オイスターソースの濃厚なタレが麺にも絡んでくると、もう箸が止まりませんでした。

一躍世界から注目を浴びた店主のチャンさんは、毎日17時間も働いているといいます。この店に限らず、ホーカーでは長時間労働が常になり、その過酷さと古臭いというイメージから経営者の高年齢化、後継者不足が進んでいるのです。そんな背景もあり、チャンさんは「ホーカーに若い人や観光客が来てくれるのは嬉しい。これをきっかけにシンガポールの文化“ホーカー”を知ってほしい」と前向きな意見も発表しています。

今回のミシュラン星獲得は、食の世界では画期的な出来事です。さらに、東南アジア初のミシュラン本発売によって、シンガポールが食の分野でもフランスやアメリカ、日本に近づいた、そんな気がしています。これからも世界に肩を並べる、シンガポールからどんどん食の話題が増えることを願ってなりません。さぁ、また行列に並ぶぞ!!

最後に新着情報。チャンさんの名の冠がついた支店が同じチャイナタウンに11月中旬にオープンするそうです。これまた、行列店になること間違いなさそうですね。

12月18日(月)夜、アセナビ主催イベントやります!12月18日(月)夜、アセナビ主催イベントやります!