2016.1.23

こんにちは、竹原です。@asenvi_wataru

今週は大雪が降りましたね!友人のカンボジア人たちに雪の写真を送り付けたら、意外と反応が薄かったなぁ…。

とはいえ、ASEAN各国は今あたりが一番寒い時期。私も去年の年末年始はカンボジアで過ごしましたが、朝はバイクに乗るときにポロシャツ、パーカー、革ジャンを着なきゃいけないほど涼しくなります。
カンボジアに限って言えばアンコールワットなどはかなりの距離を歩きます。(平坦な道だけではなく階段も多いです!)そんなところを皮膚を焼くような日差しのもと歩き続けるなんて大変!!ですので季節的には、乾期でもある12月から1月あたりが観光の狙い目かもしれませんね!

さて今回のメンバー紹介ですが、来年インドネシアで1年間のインターンシップを行う予定の島田楓です!

はじめまして!アセナビで主にイベントを担当しています、
青山学院大学経営学部2年の島田楓です!北国のさむーいところで育ってきたので暑さには弱いはずなのに、なぜかASEAN大好きになってしまいました。そしてパクチーも大好きです。パクチーに溺れて死にたい・・・(笑)

楓プロフィール

実は私、アジアが大嫌いだったんです・・・!勝手な先入観から、汚そう、危なそうというイメージを持っていました。でも、初めてマレーシアとシンガポールに行き、私の想像していた東南アジアとは全く異なる景色が広がり、アジア独特のエネルギーに魅了されてしまいました。
その後、カンボジアで1か月間寿司を売りながら道端にいるカンボジア人と友達になったり、ベトナムやインドネシアで世界遺産を巡ったり、長期休みにはいろんなASEANに行ってます。

アセナビでは、私みたいにASEANに興味がなかった人にこそASEANの魅力を伝えていきたいと思っています!そして、読者の皆さんとリアルなつながりをつくっていくために、色んなイベントを行っているので、機会があればぜひ来てくださいね(^^)

 
インドネシアといえば、JKT48の「はるごん」こと仲川遥香さんが在住してますよね!
同世代として、「はるごん」にまけないくらい頑張ってほしいです!
それではいきましょう!今週のピックアップニュース!

やるじゃん!マレーシア警察

マレーシアがテロ未然阻止:日本経済新聞


23721541503_ffd8041367_z

Photo from UNIMAS Sarawak

マレーシアのハリド警察長官は「首都クアラルンプールで自爆攻撃を計画していた28歳の男を警察が15日に逮捕し、テロを未然に阻止した」と発表しました。

逮捕された男はISのメンバーとされ、テロを事前に防ぐことができたんです!このようなテロを未然に防いだというニュースを目にしなかったので、このニュースには相当驚きました。

ご存じのとおり、最近はインドネシアでテロが発生。テロはあまり起こらないと思われていたASEAN地域でのテロだったため、衝撃を受けました。
私自身、「イスラム系が多いのは、ほかにマレーシア、ブルネイ、バングラディッシュだよなぁ。怖いなぁ。」などと考えておりましたが、警察がこのようにテロを未然に防止してくれれば、信頼度も高まりますよね!

ただ一方で問題点も指摘されております。マレーシアでは、2015年4月6日に、「テロ防止法」が制定されました。骨子に、①必要に応じて逮捕令状なしで、容疑者を逮捕できる。②検察は逮捕から7日間、操作するか否かの決断ができる。③政治的信条あるいは政治的活動のみを理由に逮捕、拘束されない。などがあります。
各方面から、警察の裁量で逮捕やができてしまうという内容に、人権侵害との指摘も出てきます。

今回のようにテロの可能性を摘むことができれば良いことですが、警察に認められた権限大きいゆえに諸刃の剣ですね。

 

どうなる!? ベトナムの農業人口

止まらない都市部への人口流入、変貌する農業国ベトナム(AFPBB News) – Yahoo!ニュース

10500943884_783ccac47c_z

Photo from tommy japan 

農業大国であるベトナムにおいて、農業人口が減り、代わりに都市部へ人口が流れています。
その数は毎年23万人と言われており、20年で2大都市(ハノイとホーチミン)の人口は2倍膨れ上がりました。都市部へ移住したベトナム人は「田舎暮らしは厳しく、畑仕事はたいして稼げません。」と話しています。

ベトナムは農林水産業従事者が約50%占めていますが、経済成長によってさらに農業人口が減る可能性があります。ASEAN各国は経済成長の波に乗り、高度な産業に人口が傾いているのかもしれません。

ところで、筆者がインターンをしていたカンボジアでも地方から都市部へ人口がどんどん流入していっております。そんなカンボジア、概して家族が大好きな国民性があります。懇意にしている現地の経営者の方からのお話では、仕事で嫌なことがあると突然実家に帰ってしまうこともあるんだとか…。

ですから、労使関係にかなり気を使っている方もカンボジアには多いみたいです。
なかなか国際的な労使関係は難しそうですね…。

今週よく聞いたような…? SNSには要注意

マレーシアでムスリムカップルの離婚が急増中。 電子機器も一因か – マレーシアニュース

4948254181_40244777da_z
Photo from Rakesh Rocky

ムスリムカップルの離婚件数にフォーカスを当てた記事です。
「過去6年間のムスリムカップルの離婚件数は274,000件で、1日あたり156件の離婚が発生している」そうです。数自体はほかの国と比較しても多いとは思いませんが、気になるのはその離婚理由。「電子機器やソーシャルメディアも離婚原因の一つであるという見方」もあるんだとか。

ソーシャルメディアでうっかりへまをやらかして問題に…。おっと、あくまでもASEANでのお話です。もちろん、日本でも他人事ではなさそうですね!

 

さて、急に寒くなった近頃、風邪などにはお気を付けください。
ではまた来週!

Post Thumbnai Photo from uditha wickramanayaka (modified)