今回は現地の生活をしてみようということで、いろいろ考えました。

そこで、出てきたアイデアがこれ。

「現地人風なヘアスタイルにしよう!」

「郷に入っては郷に従え」ということで、形から入ることにしました。ヘアスタイルは、「見た目の7割を決める!」とさえ言われています。7割を現地人風にしたら、もっと自分を現地化できるかもしれません。

リョウ:「うん、それで誰どっちが切る?」

ユーゴー:「いや、俺切るとこもうないっしょ!お前やるでしょ!!」

リョウ:「え….本当にマレーシア風にしちゃう?てか、マレーシア風って何よ。」

ユーゴー:「やれば分かる。それも旅の醍醐味!」

ということで、上手く丸められ、不安を抱えならショッピングモールの中で、お店を探すことにしました。
すると、探すこと10分で結構すぐ見つかりました!

ユーゴー:「えぇーー!コレどっかで見たことある。」

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。

 

リョウ:「QQ cut…?これって、もしかして。。日本で流行ってる1000円カットのQBハウスの姉妹店!?

QBハウスとは?
「10分の身だしなみ」をキャッチフレーズに、国内外500店舗以上の美容室を展開する会社。圧倒的なコストパフォーマンスによって、既存の美容室業界をディスラプトし、各メディアにも取り上げられている。

ユーゴー:「うーん、姉妹店ではなさそうだね。なんか、マスコットキャラださいし、緑だし。」

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。6

キャラクターの名前聞いたら、“I don’t know”って言われました。

でも、ビジネスモデルはメイドインジャパン。クオリティもジャパンクオリティだろう!と信じて、ここに決定しました。

カット時間は、12分。日本よりも2分長い。まぁ、マレーシアタイムだから2分ぐらい遅くても許せる範囲ですね。

 

果たして、“12分の身だしなみ”の結果は!?

 

ボサボサの髪の毛で、記念写真をパシャリ。
マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。2

不安と期待が絶妙にあらわれています。

日中だからか、店内はガラガラ、お客さんは僕らだけしかいません。
意外と店内は整理整頓されていて、綺麗でした。

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。3

お姉さん:「どうしますか?」

リョウ:「Malasian popular hair style, please!」

お姉さん:「んー、***(聞き取れない)or スパイキー?

リョウ:「んー?じゃあ、(聞き取れた方の)スパイキー!

お姉さん:「オーケイ」(無愛想だから不安高まる)

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。4

 

ザクザク、ザクザク。少し雑だけど、急いでいるから仕方ないのか。
このあたりでスパイキーってどんな髪型か思い出す。

マレーシア ヘアスタイル

結構イケてる。ツンツン。スパイキーは「スパイク」から来てるはず。
つまり、トゲトゲ!
トゲトゲ…もしかして。。。この名前のないキャラクターのスパイキー!??

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。9
ザクザク、ザクザク。

このあたりで気づく。一回にハサミを入れた時の切る量が尋常じゃない!
男気あふれるハサミさばきに感心する。

そして、カット開始から10分。

ヴィーーーーン!!

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。7

「え…こんなもの美容室で見たことない!なにそれ!」

棚から出てきた、伸びる管状のモノ。ドライアーにしてはなんか変だと思ったら、やはり違うモノでした。

ドライヤーではなく掃除機!!
なぜか、髪の毛めっちゃ吸われました。

完成形がコレ!

マレーシアで、“12分の身だしなみ『QQ cut』“に挑戦してみた。8

「スパイキー!?これスパイキー??」

結局、スパイキーが何だか分かりませんでしたが、
きっとスパイキーって、ワックス付けたらスパイキーだけど、セットしてなかったらただキモいだけ、という結論に至りました。

サッパリして良かったです。

 

最後に編集長の一言

ユーゴー:「意外と普通でつまんないねぇ。。」