Selamat siang!

こんにちは!
最近、日本にいながら世界中の料理を食べることができるようになってきましたね。イタリアンやフレンチのみならず、タイ料理やベトナム料理も街中でよく見かけます。ではみなさん、インドネシア料理を食べたことはありますか?まだまだ影は薄いけど、これから日本でも絶対に人気になるインドネシア料理に注目です!

人気急上昇中のナシゴレン!

日本人の私たちに1番馴染みのあるインドネシア料理と言えば、ナシゴレンではないでしょうか。アジア料理のお店に行けば一度は目にしたこと、ありますよね!
ちなみに、「ナシ=ご飯+ ゴレン=炒める」 という意味でなので、ナシゴレンは日本でいうチャーハンにあたります。

photo1

 

日本で有名なナシゴレンは、数多くのインドネシア伝統料理の一つに過ぎません。私が留学中に見つけた、とっても美味しいインドネシア料理2つをご紹介します!

色んなお肉で楽しむ、甘辛串焼き サテ!

まずはサテです。

photo2

 

日本でいう焼き鳥に、ココナッツが入った甘辛いタレをかけて食べる料理です。サテに使われるお肉は、ポピュラーな順に、トリ肉>ヤギ肉>ウサギ肉となります。インドネシアではなんと、ウサギ肉も食べるんです。ビックリですよね!私は少し抵抗があり、1年間の留学中に1度も食べずに帰国してしまいましたが、よく屋台では見かけました。

ちなみにヤギ肉のサテは、味はトリ肉と近いのですが、食感はトリ肉よりすこし固めです。部位によっては柔らかい場合もありますが、そこが入っていればラッキーです!とってもタレの味が濃くのどが渇きます…。ヤギ肉は食べすぎると高血圧になってしまうそうなので、1皿 (普通10本入り)で済ませておいた方がよさそうです!

ここでインドネシアで食べられるお肉について紹介します。トリ、ヤギ、ウサギ は既に上で挙げましたが、その他にもアヒルカエルなどもよく食べられます。

アヒル・・・大き目に切ったお肉を揚げて食べます。すごくおいしいけど歯が折れそうなほど固いです。
カエル・・・主に足の部分を揚げて食べます。私はバリのレストランで食べましたが、鶏肉のから揚げよりもすごくジューシーでおいしいです!

日本ではなかなか食べられないこれらのお肉、インドネシアへ行かれた時にはぜひ試してみて下さい♪

ヘルシー!美味しい!温野菜のガドガド

次はガドガドです。

photo3

 

これは、温野菜にココナッツとピーナッツの入ったのタレをかけて食べるものです。インドネシア料理の中で一番の健康食品かもしれません。油を使わず野菜たっぷりなのでオイリーなものが多いインドネシア料理の中でも特に女性にオススメです!

留学中、大学の学食で、ガドガドとご飯のセットが100円で食べられたのですごくハマってしまい、今では私の1番の大好物です!最近、私がガドガドの味を恋しくなってしまい、家族にも作って皆で食べたところ、すごく大好評でした!辛くないので、どなたでも挑戦しやすいと思います。

今回ご紹介したインドネシア料理、なんと日本のご家庭でも簡単に作ることができちゃいます!以上に挙げた3つの料理を作るための素は、最近よく駅でも見かける輸入食品店のKALDIで手に入ります。現地と同じ味が安く楽しめるので、ぜひ試してみてください♪

最後に豆知識です!インドネシアは東西に広がる島々によって構成される国ですが、西の地域に行くほど料理の辛さが増すと言われています。その代表格がパダン料理です。すっごく美味しいんですが、インドネシア人が「辛くないよ」という料理でも、日本人にとってはかなり辛いことがあるので、ひとくちめは頬張らないように注意してくださいね!

photo4(パダン料理のお店です)

では、Sampai jumpa! またお会いしましょう!

 

*もっとインドネシアについて知りたい方へ。

1年間のインドネシア留学経験者が語る 留学生活のリアル

意外に知られてない?兄弟言語のマレーシア語とインドネシア語

インドネシア女性解放運動の先駆者 Ibu Kartini 第1弾

世界最大のムスリム人口・インドネシアにある、世界最大の“仏教”遺跡「ボロブドゥール寺院」がスゴい

「相乗りします」がビジネスに!ジャカルタの深刻な交通渋滞が支える貧困システム