2016.08.10

突然ですが、日本の建国記念日はいつでしょう?

さて何人の方が正確に答えられたか、かなり疑問ですが、答えは2月11日です。それは初代天皇である神武天皇が即位した日です。

そう考えると、日本という国の歴史の長さに驚くかもしれませんが、実際建国記念日を意識している日本人は極めて少数派で、大多数は2月14日のバレンタインデーの方が重要ですよね?(笑)

ではシンガポールの建国記念日はいつでしょう?

ASEAN好きのアセナビ読者のアナタなら答えることができると思いますが、昨日の8月9日です。同じ質問をシンガポール人にすれば、一人も間違えることなく8月9日と即答するでしょう。

それだけ日本とシンガポールでは「建国記念日」の重みが違うのです!

だからシンガポールは、毎年8月9日には豪華なパレード(National Day Parade:NDP)が開催され、盛大にお祝いするのです!シンガポールは1965年8月9日にマレーシアから分離独立したので、2016年で51周年を迎えました。それまでには数え切れないほどの”分裂”がありました。

シンガポールは主に中華系、マレー系、インド系、その他外国人から成る多民族国家なので、昔から民族間の”分裂”が激しく、一つの国として団結するのが大変でした。

しかし資源もない、国土は極小、経済は外需依存のシンガポールが生き残るには、シンガポール人が団結する必要があるということで、毎年このようなパレードを開催し、シンガポール国民の帰属意識を高めるのです。

そのNDPは毎週土曜日に”PREVIEW”と称して、予行演習を見ることができると聞きつけ、シンガポール人でもないのにいざ潜入調査を開始しました!

いざ、NDP51のPREVIEWへ潜入!

IMG_0684(最寄り駅であるMRT Stadiumはナショナルカラーである赤い服を着たシンガポール人で大混雑!)

IMG_0708(セキュリティーチェックが厳しいのはシンガポールらしいですね)

13962911_10153960693587572_155375176435100180_o(いざ会場へ!本番ではなくPREVIEWなのに満席!!)

(サクッとダイジェストでNDP51の様子をどうぞ)

(6:24からが圧巻です)

(Count on me Singapore….One people, One nation, One Singapore…)

そして8月9日を迎えてみた・・・

意外なことに、街全体は思ったより落ち着いていました。おそらくパレードに参加する人以外はお家でゆっくりしているようです(笑)

DSC08319

(シンガポール人は特別に入場料が無料らしく、Localに間違えられた筆者はありがたく頂戴しました)

パレード自体はPREVIEWと同じなので、いざ最後の花火を綺麗に撮影するために、筆者は入念にスタンバイしていました!しかし!想定外の邪魔者が、筆者のカメラを遮ってきたのです!( ;  ; )

(Excuse me….Could you disappear for a while?? (T . T))

(NDP51全体の様子は、プロにお任せします・・・)

なぜ建国記念日くらいでそんなパレードをするのか、日本人的には不思議でした。しかし、シンガポールの歴史を考えると、ここまで拘ってパレードをするのも理解できました。

何度も分裂に直面してきたシンガポールには、民族や宗教が違っても、互いに尊重して、シンガポール人として団結することが必要なのです。だから何度もCount on me Singapore….One people, One nation, One Singapore…と繰り返すのです。

様々な”分裂”を乗り越えて、アジア弱小国家からアジア最強国家に変貌するまでの歴史を振り返れば、思わず涙が・・・そんなシンガポールの歴史を知りたい方は、次回の記事をお楽しみに!

(翌日8月10日の朝刊一面はNDP51だらけでした!英語、中国語、マレー語、タミル語とあるのはシンガポールらしいですね。)

関連記事:危機感に基づく国家戦略が生んだ最強国家!シンガポールの”No.1″をひたすら集めてみた。